流産・死産経験者で作るポコズママの会blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

福岡北九州市で天使ママ・パパのための会が設立されました

本日は、福岡県北九州市であたらしく設立された「たんぽぽの家」を紹介させていただきます。

たんぽぽの家は、死産・流産などを経験し深く心に傷を負った方々に対し、心理カウンセラーがグリーフケアを行う事を目的として設立された会です。ポコズママの会の福岡交流会のスタッフが発起人となって活動しています。

天使ママ・パパのための交流会「わたげの会」も開催予定ですので、お近くの方で、お気持ちが向くようでしたら参加してみてくださいね。

第 1 回 わ た げ の 集 い
<日時> 2009年3月16日(月)13:00~15:00
<会場> 福岡県北九州市戸畑区 ウェルとばた8階 82会議室(JR戸畑駅近く)
<会費> ¥2,000
<定員> 20名(先着順)
<講師> 百武正嗣 先生 
<参加対象> 流産・死産・人工死産・子宮外妊娠・胞状奇胎・ 新生児死などでお子様を亡くされた方。※ただし、妊娠中と分かる方と、お子様連れのご参加は お断りしておりますので、ご了承下さい。

会の詳細、わたげの会の申し込みは以下のページよりご確認ください。
http://tanpopo.tubakurame.com/


スポンサーサイト
  1. 2009/02/24(火) 15:22:45|
  2. 流産・死産|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大阪交流会「不育症に負けないで 天使ママの会」のお知らせ

みなさま、お久しぶりです。「ポコズママの会大阪」です。
前回の交流会は全ての天使ママとそのご家族を対象にした交流会でしたが、今回は不育症と戦っている天使ママさん、「もしかして不育症かも・・・」と不安を抱えていらっしゃる天使ママさんのための交流会を開催させていただきます。当日は、不育症治療の第一人者でいらっしゃる藤田富雄先生(ふじたクリニック院長)も参加してくださいますので、みなさまの疑問なども解消できればと思っています。


■日時■
(午前の部) 10:15~12:00 (受付は10:00から)
(午後の部) 13:15~15:00 (受付は13:00から)

参加は(午前の部)・(午後の部)を通して参加できます。また、(午前の部)のみ、(午後の部)のみの参加でも大丈夫です。

■会場■
大阪狭山市立文化会館 SAYAKAホール 2階 小会議室1

〒589-0005 大阪狭山市狭山1-875-1
tel 072-365-8700 fax 072-365-6700

[会場詳細] http://www.sayaka-hall.jp/
南海高野線 大阪狭山市駅より徒歩3分

■参加費■
500円

(午前の部)(午後の部)両方参加された場合も500円です。
(午前の部)(午後の部)どちらか1つだけの参加の場合も500円になりますので、ご了承ください。
ご希望の方にはお弁当(500円)をご用意できます。

■定員■
12名

■申し込み■
以下の交流会申し込みページに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
http://pocosmama.babymilk.jp/postmail/osaka20090301.htm
また、申し込みフォームをご利用できない方、携帯電話から申し込みされる方は、下記のアドレスに必要事項をご記入の上お申し込みください。後日、ポコズママの会よりご連絡いたします。

<申し込みメール>
pocosmama-koryukai@hotmail.co.jp

<メール件名>
「大阪交流会申し込み」

<必要事項>
①おなまえ  ②ふりがな  ③郵便番号・ご住所  ④お子様を亡くされた状況(例:妊娠8週流産・妊娠38週胎盤剥離・流産3回など、差しさわりのない範囲でご記入いただければ幸いです。)  ⑤ご同伴者がいらっしゃればお名前とご同伴者とのご関係(夫・母・きょうだい・友人など)  ⑥参加される時間帯(午前・午後・両方) ⑦お弁当の有無

ご不明な点がございましたら上記のメールアドレスにご連絡ください。ステキな出会いの場となりますように願っております。

天使ママ・パパのご参加をお待ちしております。

  1. 2009/02/03(火) 00:16:05|
  2. ポコズママの会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。