流産・死産経験者で作るポコズママの会blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

流産・死産後の家族の揺らぎと絆について

昨年9~10月に「流産・死産後の家族の絆」に関するアンケートを当会HP上にて実施させていただきました。お母様118名、お父様1名から回答をいただきました。ご協力くださった皆様、ありがとうございました。

アンケート結果はレポートとして『家族看護11号』に掲載されました。家族看護とは患者さんだけではなく、患者さんの家族も支援・看護しようとするもので、雑誌『家族看護』は家族看護を実践される医療関係者のための専門誌です。

11号の特集は「家族のつながりを支えるー家族形成期に焦点をあてて」です。夫婦の関係はじまり、親子関係のはじまりなど、結婚・妊娠・出産で家族の関係は新しい局面を迎えます。その家族形成期に、不妊、はじめての妊娠、流産・死産、障害のある子を出産するなどの経験をすることで家族関係が揺らいでしまったり、絆が強くなったり・・・。11号には、そのような家族形成期の家族支援について各方面で活躍されている医療関係者が論文を発表されています。

ポコズママの会も、流産・死産されたご家族の心について、特に夫婦や親子関係に重点をおいてレポートを書かせていただく機会をいただきました。もし機会があれば読んでくださいね。レポートの内容を公開できるようになりましたら、当HP上で報告させていただきますね。

家族看護11号(日本看護協会出版会)
http://www.jnapc.co.jp/cgi-local/search.cgi?id=newjournal&jcode=70


スポンサーサイト


  1. 2008/03/16(日) 22:41:46|
  2. ポコズママの会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。