流産・死産経験者で作るポコズママの会blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

特定非営利活動法人不育症友の会(ハートビートくらぶ)主催講演会のお知らせ

特定非営利活動法人不育症友の会(ハートビートくらぶ)さんより、講演会のお知らせが届きましたので、ご案内させていただきます。



特定非営利活動法人不育症友の会(ハートビートくらぶ)主催講演会
小さな命を大切にしましょう

このたび、特定非営利活動法人不育症友の会(ハートビートくらぶ)では、不育症(ならびに習慣流産)についての理解を深め、より多くの方に不育症を知って頂きたい・社会理解が高まって欲しいという願いから、有隣厚生会東部病院院長 牧野恒久先生を講師にお迎えして講演会を開催することになりました。どなたでも参加できますので、下記の要領でお申込みの上、ご来場ください。

講演会の内容 
すべての生物にはそれぞれ定まった妊娠期間があり、この期間が短くても、長くても次代の新しい生命を創り出す事は出来ません。そのために私達の体は非常に巧みな機能を駆使して一定の妊娠期間を維持しようとしてます。この機能は極めて精巧に出来上がっていて、いったん機能が破綻すると根気よく原因の場所を見つけだし、治療しなくてはなりません。流産を繰り返すこと、不育症はこのような背景を持っていることを、医師も不育症の夫婦も、社会もまず理解しなくてはなりません。胎内に宿った赤ちゃんは小さな小さな命です。まだ直接、お母さんに異常を訴えることも出来ず、定められた子宮環境の中で一生懸命成長しようしています。現代の医学は、この小さな命に対して夫婦の、あるいは社会の理解さえあれば最新の検査と治療を提供できます。ご出席の皆さんとこの小さな命を守る仕組みを理解し、不育症克服の希望の扉を開く話し合いをしたいと思います。

講師紹介
牧野恒久(まきのつねひさ) 
1939年東京生まれ。医学博士。静岡県御殿場市の(社)有隣厚生会東部病院院長。専門は生殖内分泌学、生殖免疫学、不妊症、不育症。64年慶應義塾大学医学部卒業。米国ハーバード大学留学、同大学講師、慶應義塾大学医学部講師を経て東海大学医学部専門診療学系産婦人科教授、同診療部長を歴任。米国産婦人科学会賞。著書「妊娠の生物学」(共同監修・永井書店)、「不育症をあきらめない」(集英社新書)など。

<<開催場所・日時等>>
日時 平成20年11月16日(日) 13:30~15:00 (13:15~受付)
場所 慶応義塾大学 三田キャンパス内大学院校舎311教室
交通 東京都港区三田2-15-45JR田町駅より徒歩8分、都営地下鉄三田駅より徒歩7分、同・赤羽橋駅より徒歩8分
URL  http://www.keio.ac.jp/access.html 
定員 80名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関西DVD上映会(関東講演会の模様をDVD上映いたします。)

<<開催場所・日時等>>
日時 平成20年11月29日(土) 10:15~12:00 (10:00~受付)
場所 あすてっぷ神戸
交通 神戸市中央区橘通3丁目4番3号 神戸市営地下鉄 大倉山駅徒歩3分又はJR「神戸駅」徒歩7分
URL  http://www.city.kobe.jp/cityoffice/15/060/kyodo/astep/index.html
定員 40名

詳細は、http://www.heartbeatclub.jp/cgi-bin/page/kouen/kouen.htmこちらをご覧ください。

ハートビートくらぶは不育症(習慣流産)及び反復流産を抱え努力を続けている患者を中心としたNPO法人で、寄付と会費によって運営されています。 会の詳細および連絡先等についてはホームページ(http://www.heartbeatclub.jp/)をご覧ください。
スポンサーサイト


  1. 2008/11/02(日) 22:39:43|
  2. ポコズママの会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。